会員組合紹介

ニット

  大和木綿が盛んであった江戸時代には、手編機による手づくりの生産が行われていました。明治以後機械化が進み、服装の洋風化と相まって、肌着づくりが盛んになりました。大正末期には、自動編機も導入され、戦後、合成繊維の出現により、一層の発展をみました。現在ではメリヤス生地や肌着類の他、セーターやトレーニングウェア等デザインを重視した製品が作られています。

(主な生産地:大和高田市、橿原市、大和郡山市)

 

奈良県ニット協同組合
所在地

〒635-0024
大和高田市日之出西本町6番23号 センイ会館2階
Tel: 0745-22-5000 Fax: 0745-52-7788

成立年月日 昭和31年6月21日
業種 ニット製造業
組織形態 産地組合