会員組合紹介

 後醍醐天皇への献上物がその始まりとされていますが、産業としては江戸中期頃から始まり、明治になって本格的になりました。明治の末には中溝をつけた「利休割箸」が考案され、大正時代には、その隆盛をきわめました。本県産の割箸は、材料に吉野産の杉・檜の余材を用いることに特徴があり、特に最高級の杉箸は100%が吉野産です。

(主な生産地:下市町、吉野町)