トップページ > 会員組合の紹介 > 織物・蚊帳・食卓覆い
会員組合紹介

織物・蚊帳・食卓覆い

西暦300年前後、中国から絹織物の技術が大和に伝わりました。又1653年、僧隠元がもたらした綿種子により、綿織物も盛んとなり、大和木綿として全盛に広まり、その後大和絣で一層有名になりました。江戸中期、柳生で始まったと される蚊帳は、明治の頃には、大和蚊帳の代表となる綿蚊帳が作られ全国に広まりました。蚊帳製造の技術は、その後多方面に展開し、襖地、ガーゼ、農業用寒冷紗、建築用内壁生地等の他、食卓おおい、ふきん、書籍カバー等新しい用途開発がなされています。

(主な生産地:広陵町、奈良市、天理市)

 

奈良県織物工業協同組合
所在地

〒635-0015
大和高田市幸町2-33
Tel: 0745-22-5002 Fax: 0745-22-7788

成立年月日 昭和22年2月28日
所管行政庁 奈良県
組合の地区 奈良県一円
業種 織物業
組織形態 産地組合