会員組合紹介

一刀彫

  奈良人形ともいわれ、約800年前春日若宮祭の祭具として作られたのが始まりとされています。神事用から次第に一般化され民芸品として世に広まりました。特に江戸末期に名工森川杜園が出るに及んで一躍芸術作品にまで高められました。檜や桂を素材にし、大きなノミによって豪快に彫り上げたうえに金箔や岩絵具などで極彩色に色づけするのが特徴で、能楽や舞楽、鹿、十二支など題材も豊富で奈良みやげとしても好まれています。

(主な生産地:奈良市)