トップページ > 会員組合の紹介 > 工業用手袋・安全保護具
会員組合紹介

工業用手袋・安全保護具

  昭和10年頃より皮革製品製造のかたわら、造船所、製鋼所等からの発注により、本革製3本指型の手袋の生産が始まりました。その後、本県の高度な皮革加工技術を背景に着実な発展を遂げ現在に至っています。又全国シェア20%という銅板入り安全靴など、近代産業の多様化に伴い各々の作業に適した種々の保護具が次々に作られています。単に身体の保護の目的のみならず作業能率向上の意味からも今後一層の発展が望まれる分野です。

(主な生産地:桜井市、大和高田市、御所市)

 

奈良県保護具協同組合
所在地

〒635-0817
北葛城郡広陵町寺戸字寺代592-1
Tel: 0745-56-5777 Fax: 0745-56-5778

成立年月日 平成1年11月4日
所管行政庁 奈良県
組合の地区 大和高田市及び桜井市
業種 なめし革・同製品・毛皮製造業
組織形態 同業種同志型組合