トップページ > 各種情報 > 景況情報
各種情報

景況情報

県内の景況情報(製造業)

【2017年12月】 増加・上昇・好転 不変 減少・悪化・低下
    売上高 在庫
数量
販売
価格
取引
条件
収益
状況
資金
繰り
設備
操業度
雇用
人員
業界の
景況
食料品 前年同月比 あめ はれ くもり くもり くもり くもり くもり くもり くもり
繊維・同製品 前年同月比 あめ くもり あめ あめ くもり くもり くもり あめ くもり
木材・木製品 前年同月比 くもり くもり くもり くもり くもり あめ あめ くもり くもり
出版・印刷 前年同月比 くもり くもり くもり くもり くもり くもり くもり くもり くもり
化学ゴム 前年同月比 くもり くもり くもり くもり くもり くもり くもり くもり くもり
窯業・土石製品 前年同月比 くもり くもり はれ はれ はれ はれ はれ くもり はれ
鉄鋼・金属 前年同月比                  
一般機器 前年同月比 はれ くもり くもり くもり くもり くもり はれ くもり くもり
その他 前年同月比 くもり はれ くもり くもり くもり くもり くもり くもり くもり

 

食料品素麺12月は、気温の低い日が多くあったが、湿度が高く製造には適さない日が多かった。本年も引き続き県内で栽培した小麦で試作研究する予定であるが、蛋白量がまだ低いのが現状である。
 菓子12/3恒例の献菓祭を大神神社にて開催した。
繊維・ 同製品繊維連合会靴下製造業は、冬物の最盛期であるが、原料高に加え、問屋筋からの加工賃切り下げ要求が強まってきている。3足1,000円の商品が、今日では5足1,000円の商品も多数出回っている。
木材・木製品集成材住宅建設がやや弱含みで、今後の持ち直しを期待している。
印刷印刷仕事が減少している。(機械が稼働しない)
化学ゴムプラスチック相変わらずの雇用難が続いている。景況的には、好転が見られ、引き合いも活発である。雇用難で受注に沿った生産が出来ないこともある。
窯業・土石製品生コンやや回復している。
一般機器機械売上は上昇傾向にあるが、原材料の高騰や人手不足による人件費の高騰などにより、経費負担が増加しており、収益状況は芳しくない。
その他の製造業毛皮革なめし加工は、12月のオークションについては、国内商社の購入が少なかった。原皮価格は皮の質が良くないこともあり安かった。なめし単価については、現状維持。縫製加工は、加工のピークは、ほぼ終了した。これからは、今シーズンの商品の追加分の製造になる。鹿革は、例年通りで推移している。原皮価格は相変わらず高めである。

 

県内の景況情報(非製造業)

【2017年12月】 増加・上昇・好転 不変 減少・悪化・低下
    売上高 在庫
数量
販売
価格
取引
条件
収益
状況
資金
繰り
設備
操業度
雇用
人員
業界の
景況
卸売業 前年同月比 くもり くもり はれ くもり くもり くもり   くもり あめ
小売業 前年同月比 くもり くもり くもり くもり くもり くもり   くもり くもり
商店街 前年同月比 くもり くもり くもり くもり くもり くもり   くもり くもり
サービス業 前年同月比 あめ   くもり くもり あめ くもり   くもり あめ
建設業 前年同月比 くもり   くもり くもり くもり くもり   くもり くもり
運輸業 前年同月比 はれ   くもり あめ くもり くもり   あめ あめ

 

卸売業青果12月度は、野菜(ほうれん草・白菜・キャベツ・レタス・トマト・キュウリ等)・果実(ミカン・苺等)とも入荷量の減少にて、例年になく高値が続いたため、売上額は昨年並みであったが、利益率の低下が著しく粗利益額は昨年同月比の80%程度まで落ち込んだ。
 水産物寒さも増し、鍋関係の具材を中心によく取引された。また、年末にかけて正月商品が店を賑やかし一段と活気を呈し、対前年同月比取扱高は微増となった。
 資源回収鉄スクラップは、年末は上昇しているが、価格は変動なし。古紙も年末は上昇しているが、価格変動なし。非鉄金属・ウエスとも入荷は少なく、価格変動はない。
小売業石油12月は、原油価格が小康状態に入り、コスト変動は小幅に推移、結果的にガソリン仕切価格は据え置きとなった。原油高・仕切り高の連続で上昇一辺倒だった店頭価格は一段落した。それでも県内市況は近畿圏の他府県からみて、非常に低調である。一方、寒気の強まりで灯油の販売量は急増している。
 家電気温の激変などで、季節物商品が好調だったのと、年末という事もあり、照明器具も好調に売れた様に思う。
 スポーツ用品負の動きは早いが、良い動きは遅い様だ。2020年に向かって、スポーツ業界も大きな波が動き出している模様。
 プロパン原油価格の値上がりの影響を受けて、LPガス仕入価格は上昇してきている。シェールガスの増産で上値は重いだろうが、国際状況の悪化でさらに値上がりしそうだ。
商店街奈良市12/8〜12/17「歳末大売出し」を行い、ガラポン抽選会は前値比102%と盛況だった。今年は、起業家支援施設「夢CUBE」10周年を記念して、会員・関係各位・卒業生等に記念誌を配布。商店街活性化を図っていく。
 橿原市近鉄八木駅周辺のイルミネーションの反応は、近畿のなかでも話題な様で、想像以上の反響は景気上向きの前兆であって欲しい。
 県下全域橿原・八木駅前での「ふれあいフェスタ」は、多くの人を集めることができた。奈良市でも、「春日若宮おん祭り」が日曜にあたり、多くの人出で賑わった。ただ、その後は、寒さの中、野菜類の高騰もあって、人出や消費の動きは低調となった。商店街では、例年通り、歳末の売出しイベントでの集客・販促に務めるところもあり、にぎわいを見せたが、地元の買い物客と観光客との共存の中で、どう売上に結びつけるのかは、簡単ではないようだ。
サービス業写真景気回復感は、依然として感じられない。
 旅館・ホテル新規ホテル・違法民泊の影響で宿泊数が分散、組合員施設では売上・稼働率が低下している。ネット予約の割合が増えたが、その分、間際取り消しも発生。宿泊日間際での取り消しのため、空いた客室を埋める予約が入らず売上に影響が出ている。
 広告業一部、大型店舗に関する仕事の受注は好調が続いているが、中小の仕事は低調なままである。中小零細企業の景気の上昇が待たれる。
建設業鉄構引き続き、受注量・仕事量は順調に推移している。
運輸業軽貨物運送チャーター便は、受注件数は前年比150%の伸長。売上とも前年比130%強の予測。中長距離配送も前年比125%の伸長。好調な業種は、機械関連・製造業関連で、特に2週以後の動きが目立った。引っ越し便は、受注件数・売上とも前年比150%と好調に推移。単身者の引越しよりも家具数点の依頼が中心であった。
 貨物運送仕事量は横ばいであるが、燃料の高騰・全体的な高速道路利用料金の増加と更には、消費税の納付など、資金繰りは厳しい状況が続いている。


バックナンバー: